血圧に関する病気と食事|高血圧が万病の元|健康はお金で買えない!
男の人

高血圧が万病の元|健康はお金で買えない!

血圧に関する病気と食事

料理

高血圧とは、体を流れる血流の勢いが激しい状態のことを指します。年齢や性別に応じた基本的な血圧は決まっており、それらを大きく超える数値を示すと、高血圧であるとみなされます。高血圧になってしまう原因は、塩分の摂りすぎや加齢による血管の衰え、運動不足や肥満などがあげられます。特に塩分は血圧を高める働きが強いため、しょっぱいものが好きだったり、濃い味付けが好きだったりする場合には十分注意が必要です。心当たりがある人は、病院で定期的に血圧を測ってもらうようにしましょう。また高血圧の状態が続くと、動脈硬化を起こし脳卒中や心臓病などの深刻な病気を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、血圧を上手にコントロールすることで、体を正常に保ち健康を維持することが出来るのです。

高血圧の人にとって重要なのが、食事についてです。食事のメニューや食べ方に注意することで、高血圧を予防、改善させることにつながります。具体的には、上記の通り塩分の摂取を控えるように心がけましょう。減塩調味料や減塩加工された食材を使うと、効果的です。また、ナス、にんじん、トマトなどの植物性栄養分を積極的に摂取するようにしましょう。これらはポリフェノールという成分が豊富に含まれており、摂取することで血圧を下げる働きがあります。同じく、ほうれん草やアボカドに多く含まれるカリウムも、体内の塩分濃度を下げる働きがあるので効果的です。毎日の食事に注意しながら、血圧を上手くコントロールし健康的な生活を送りましょう。